先輩の声道路建設株式会社

村山 和弥

Kazuya Murayama


日々成長している実感がある。
昨日より今日、今日より明日の確かな自分。
いつかは道路建設のエースに。

Profile

2014年入社。スポーツ人間学部スポーツビジネス学科卒。道路という社会公共性の高い事業を通して、社会に貢献していきたいと考え入社。日本中どこでも必要とされ、いつまでも地図に残る道路を造ることに誇りを感じている。施工現場において主に先輩のサポート役として業務に従事。工事写真の撮影等を担当し、舗装工事全般を勉強中。

感謝の言葉は最高の喜び。
学生時代とは違う感動を経験しています。

学生時代はサッカーに打ち込みました。チームでは副将を務め、リーダーシップを発揮しながらもバランサー的な役割で様々な調整を行ったりもしていました。その頃にコミュニケーションの大切さを学びましたね。チームメイトや監督、あるいはОBの方々など、幅広い年代の方とコミュニケーションを取りながらチームを動かしていく。もちろんサッカーもとことん練習しました。大会で良い結果を残せた時は、プレーヤーとしても牽引役としても大きな達成感を感じていました。 「サッカーのようにチーム力を発揮できる仕事をしたい」、そう思って就職活動を始めました。

社会貢献度が高く、大きな達成感も得られる道路建設に入社できたことは本当に良かったと思っています。現在はアシスタントの域を出ませんが、それでも学生時代とは違う感動をたくさん経験出来ています。道路を造るにはチームワークが必要。先輩や作業員、協力業者の皆さんがどうしたらスムーズに仕事をできるかを常に考えながら業務を行っています。思ったよりも色々なことを考えなければならず、優しい先輩に励まされながらも自分の未熟さを痛感してきました。辛い時もありますが、学生時代に培った向上心を活かして前向きに取り組んでいます。力を合わせることで何も無かったところに綺麗な道路ができることは「すごい」の一言です。先輩からの「ありがとな」は、時に涙がでるほど嬉しい言葉ですね。自分の仕事が地図に残ることを嬉しく思いますが、早く1人前になって自らチームを引っ張っていきたいと思っています。


舗装だけではない社会貢献。
改めて社会貢献の意義を考えさせられました。

社会公共性の高い「道路」を造ることで社会に貢献したい、私の入社志望動機は間違いではないと思いますし、実際、道造りは社会に貢献しています。ただ、道路を造ることだけが社会貢献ではないことを、入社以来学んできました。 道路建設は社会貢献意識がとても高い会社だと思います。地域社会のために様々な活動を行っていて、例えば工事が完了したら周辺のゴミ拾いをしてから帰ったり、小学校の駐車場を出来る範囲で無料修繕したり、休日に花壇の整備を行って歩行者の景観を良くしたりと、他にもたくさんの社会貢献活動を行っています。道路を造って社会に貢献するだけではなく、どうやったら社会に貢献できるのかを考える。社会貢献がまず先にあって、その中に道路舗装があるという位置づけです。

Message

工事現場を統括する仕事はとても大変だと思います。覚えるべきことがたくさんありますし、作業の流れを把握することはもちろん、先を見通す力もとても重要になりますし、責任も大きい仕事です。私はまだ半人前ですが、先輩の行動をよく観察して1日でも早く1人前になれるよう、日々経験値を上げております。特殊な部分もある仕事ですが、やりがいが本当に大きい仕事です。向上心のある方は道路建設で自分自身を成長させていただきたいと思います。ぜひ頑張って下さい。

菅野 怜史

Satoshi Kanno


妥協はしたくないですね。
どう生きるかが大事なんです。
負けたくないですから。

Profile

2011年入社。工学部建設システム工学科卒。学生時代に良く利用していた道路が、実は道路建設が造ったものであることがわかり、興味を持つ。場所によっては果てしなく長い道、それを自分が造る。そこに浪漫を感じ、そのダイナミックさに惹かれ、先進的な社風との相性も感じ、入社を決意した。淡々と業務をこなす一方、安全や品質には徹底的に拘る研究者的な側面も持つ。その姿勢とキャラクターは注目を浴びており、将来を嘱望される1人。

仕事は完璧でなければいけない。安易な妥協は自分に跳ね返ってくる。

僕たちの仕事は、北海道開発局、北海道建設部、各市町村など官庁から受注して施工することが多いです。施工中、プロセス毎に様々な要望を聞くのですが、それらに真摯に対応することが求められていると思います。書類の作成から現場管理まで、幅広く対応する必要があり、また一緒に働く作業員や協力会社が仕事をしやすいよう、色々なところに気を配ります。上司はもちろんいるのですが、工事現場のトップは自分。その意識は常に持っています。 工事を受注してから完成するまでのTo Do Listを細かく書き出したら何万点にもなるでしょうね。やるべきことは本当に多い。その何万点にもなるやるべきことを、僕は完璧に実行しなければならないと思っています。そうでなければ安全な工事は出来ないし、良い品質の道路も出来ない。少なくとも、そのような姿勢でいなければ良い現場代理人にはなれないと思います。納得いかないことは納得するまで徹底して調べ、考えます。そうしないと結局は自分に跳ね返ってくるんですよね。プロ意識高いですよ、自分で言うのも何ですが(笑)


完成した道路を車で走行してみる。
初めての時は思わず「おー」って言ってしまいました。

苦労して完成した道路。一般の方々が走行する前に、自ら試走します。現場によっては何ヶ月もかけて完成させる道路ですから、初めて走る時はドキドキします。もちろん安全なのですが、毎回少し緊張します。何も無かったところに出来る道路、あるいはガタガタに壊れてしまっていた道路を修復して綺麗にした道路。どちらにしても仕上がりを確認しながら走ります。 初めて自分で現場を担当した入社2年目の秋。わずか100m程度の修復工事でしたが、試走して思わず「おー」と言ってしまいました。小さな工事でしたが、学生の頃には考えられないような大仕事。あの感動は忘れないでしょうね。今では1キロ以上の工事を担当することもありますが、やっぱり最初の工事は格別でした。 道路利用者から直接お褒めの言葉をいただくこともあります。民家の駐車場を舗装することもあるのですが、工事完了後、住民の方に試しに駐車していただきます。車から降りて「うん、いいね。ありがとう。」って笑顔で言われるとやっぱり嬉しいです。施工中は大変なことの方が多いですが、嬉しさを感じる場面をたくさん経験できるよう、これからも頑張ります。

Message

就職活動に際しては、ぜひ色々な会社を見て欲しいと思います。企業説明会やインターンシップなど、情報収集の機会はいくらでもありますので、大事な時期だと自覚してたくさん活動して欲しいと思います。その中で、自分にあった会社を見つけてください。道路建設を見ていただければわかると思いますが、バランスが取れた企業でありながらも特徴もある会社です。成熟産業における成長企業だと思います。これからの成長が本当に楽しみな会社なので、ぜひ期待してエントリーして欲しいです。

片桐 優人

Yuto Katagiri


学校で学んだことを活かしながらさらに成長を。
多くの人のために頑張れることが、一番のやりがいです。

Profile

2017年入社。土木科卒。学校で学んだ土木の知識を活かしたいと考えていた中、道づくりだけではなく、様々な地域貢献活動を実施している道路建設で広く社会貢献ができることに興味を持ち入社。現在は将来一人前の現場代理人となるべく、測量や写真撮影等のアシスタント業務を通じて日々勉強している。

学校で学んだことよりもっと大きな学びが現場にありました。

私は学校で土木工学を学んでいたので、そこでの知識を活かせる場だと感じた道路建設で働くことを決めました。入社してすぐに行われた新入社員研修では学校でも学んだ測量などを振り返りながら知識を深めていきましたが、新入社員研修が終わり、実際の工事現場に足を踏み入れた途端、学んだ知識が現場で必要なスキルのほんのひとかけらでしかないことをすぐに実感しました。道づくりには作業員さんや協力会社の方等たくさんの人の協力が必要で、そのような中で全員が一つの同じ道をつくるという点において同じ方向を向いて進まなければなりません。それに、工事はほとんど全てが外で行われるので、自然との闘いであることも痛感しました。「予定通り」にいく、ということがまずほとんどないので、テキストや研修で学んだことをうまく応用させることが大事になります。 今、私は先輩のアシスタントとして現場に行っているのですが、先輩はいつも作業員さん等とのチームワークをうまく行っていて、予想外のことが起きていても柔軟に受け止め、すぐに解決策を出して行動に移しているので、すごいなあと思いますし、私も早く先輩の様になりたいと思っています。


本業以外でも社会貢献している会社であることも気に入っています。

入社後に改めて感じたことですが、道路建設は社会へ大きく関わり、本当に貢献できる会社だと思っています。道づくりという本業そのものが既に公共性の高いことなのですが、それ以外にも定期的にごみ拾いや献血活動を行っていますし、休日にはボランティア活動として歩道の花壇の手入れを行い、道を利用する歩行者の皆さんに気持ち良く歩いてもらえるようにしています。土木科出身ということもあり、インフラ整備の公共性の高さに惹かれて入った会社でしたが、その他の分野でも地域にどんどん貢献しなければならないという意識が会社全体に広がっているのは、とてもよいことだと思います。

Message

社会人になると学生の頃とは異なり、同じ年代の人よりも年上の離れた人と接する機会が多くなりました。その中で仕事でのわからないこと等を訊いて覚えなければならないということは、誰にとっても緊張するし大変なことだと思います。ですが、周りの先輩や上司は仕事には厳しくてもその他の場面では優しく接してくれています。また、仕事が終わった後に同期と悩みを言い合ったりすると、気が楽になり、また次の日もがんばろうという気持ちになれます。最初は慣れない環境にとても緊張しましたし、今でも時々緊張することがありますが、道路建設では様々なコミュニケーションによって解消していこうという雰囲気にあると思います。



道は人と生きている

「道」は、点と点を結ぶ「線」としての機能を有しているだけではありません。
「道」が出来ることによって、経済が活性化し、人々の往来が増え、交流が促進されます。
それは、新たな街やコミュニティの誕生につながり、持続可能な社会に発展します。
さらには芸術や文学、文化までも運び、新たな文化を創造する促進者としての役割も担っています。
「道」は万物の源。出会いを呼び、人々の笑顔を運び、幸せにする可能性を持っています。

道づくりに社会的使命を感じていただけた方、道路建設の想いに共感出来る方、
そして、プロフェッショナルとして社会に貢献したい方、一緒に夢を実現していきましょう!

道路建設株式会社

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目3番地1 新北海道ビル12階

TEL 011-299-7260 FAX 011-299-7270

©2016 Doro Kensetsu Co.,Ltd.

TOPへ戻る